Archive for 3月, 2010

PostHeaderIcon 家造りの工期について

新築を依頼する住宅メーカー・工務店が決まり、家を建てるための土地も見つけたとします。
住宅メーカーの担当者と何度も打ち合わせを繰り返しどんな家にするか間取りやプランの詳細も決まったら住宅会社と本契約をします。
そうして、ようやく新築を建てるための工事が始めるわけです。
工事期間は工法や建物の規模にもよりますが、4~5カ月くらいです。
もし工事中が梅雨や台風などの気候に左右される時期やお盆や年末年始などがある場合、また家を建てるために購入した土地が大掛かりな地盤改良や地盤補強が必要な場合はもう少し時間がかかることもあります。
また新築を行うための書類申請などが建築基準法や様々な手続きで長引く場合もあるので頭に入れておきましょう。
工事期間は新築する住宅の工法によって短くなったり長くなったりします。
一般的に大手住宅メーカが建てるプレハブ住宅のように部材が工場で大量生産されたりする工法の場合は工事期間が短かったり、規模の大きな家やコンクリート住宅は工期が長くなったりします。

今までの流れをまとめてみると【住宅メーカー選びに5~7カ月】・【住宅メーカとの打ち合わせや間取り決めプランニングと契約までに4~5カ月】・【工事期間が4~5カ月】合計して13~17カ月ぐらいは家造りを決心して動き始めてからかかる時間だと思って下さい。

住宅メーカー選びやプランニングにかかる期間はある程度は短縮できますが、情報の収集や、住宅メーカー・工務店の比較検討をしっかりしておかなければなかなか満足のいく家造りできないので注意しましょう。