Archive for 3月, 2011

PostHeaderIcon 震災発生から2週間

今まで家づくりに関して様々な事をお話ししてきたわけですが3月11日に発生した東日本の大地震には非常に大きなショックを受けました。
地震発生から時間が経つにつれて、津波の映像や被害状況などが報道されるようになりましたが、
インターネット上で繰り返される大津波の映像には目をつぶってしまうほどでした。
トラックや自動車、また住宅などほとんどの物が津波にのみ込まれて押しつぶされていましたが、その後の津波が引いた街の映像にも驚かされるものでした。
津波発生前と津波発生後では全く街の景色が違うことと住宅だったものが瓦礫と化してしまった状況には何とも言えない感じでした。
これから何年、何十年と時間をかけて街の再建、復興が行われていくのでしょうが一度なくしたマイホームは二度と戻りません。
この地震において被災された方、亡くなられた方に心からお見舞い申し上げます。
また地震発生をきっかけに福島原発では炉心の事故が続いていますが今後、不評被害も含め原発を中心とした地域は非常に苦難を強いられることだと思います。
正しい情報と支援をしていかなければいけません。
また住宅業界も今後狂うしい状況に建たされるようです。
現在でも住宅を建てるための建材などの流通はほぼマヒしている状態で住宅メーカーや工務店に建材が納品されない状態です。
住宅会社や工務店が家を建てたくても建てられないという状況がいつまで続くかはわかりませんが、
経済的損失は大きなものですし、現場で働く大工さん達も建材がなく、仕事ができないからと遊んでいるわけにもいきません。
私の古くからの友人も大分で工務店を経営しています。
一日も早い流通や生産の復帰を願うとともに被災地の復興にも今後注意深く見ていきたいものです。

PostHeaderIcon 依頼先候補を絞るための見積もり

新築で一戸建てや注文住宅を建てるための家造りを依頼する住宅会社や工務店を選ぶために、ホームページや電話問い合わせをして資料請求をしたり、
実際に住宅会社や工務店が建てているモデルハウスや住宅展示場また実際に新築を建てている段階の新築住宅建学会などに足を運んで現地いる営業マンと話をしてみたり、
家づくりについての質問をしてみるなどしていくことだと思います。
札幌で賃貸物件にすんでいて注文住宅を建てようと考えている友人は電話やメール、実際の打ち合わせも含めて4社の住宅会社と話をしているそうです。
また住宅を建てるための土地探しや中古住宅などの物件探しの際には不動産会社選びもしなければいけません。
そうして家族や自分が満足できる家づくりをしてくれそうな住宅会社や工務店を絞り込んでいくわけですが、
ある程度の数をふるいにかけていった結果でどうしても2~3社ぐらいでどうしてもその先を決められなくなることもあると思います。
そうした場合には残った依頼先候補の住宅会社や工務店に家づくりのプラン作りと見積もりを依頼してみましょう。
この時にどの住宅会社、工務店にも自分達が新築の家造りに望む希望条件やこだわりなどを同じ条件として伝えることが必要です。
同じ条件の内、家族や自分が望む家づくりに一番近いプランと見積もりを出した住宅会社または工務店と次のステップに進みましょう。
ここで一つ注意しておきたいのは同じ条件で見積もりを出してもらったとして、新築費用が一番安い見積もりを出した住宅会社または工務店がベストというわけではないということです。
新築にかかる費用が安いということは新築に使われる建材や木材または設置される住宅設備のグレードが低いなどの様々なポイントが必ずあるはずです。
見積もりの段階でどこまで詳しく条件を聞いてくれるかは住宅会社、工務店次第ですが材質や住宅設備の要望も伝えることで本当に必要とする家づくりの条件に見積もりも近づくはずです。
私の姉も品川区の不動産会社で土地を見つけて、戸建てを新築しようとした時に数社から見積もりを出してもらい、
その見積もりの金額と家づくりの内容のバランスを考慮した上で住宅会社を決めたそうです。