Archive for 4月, 2011

PostHeaderIcon 建材の不足と今後の家造り

東日本大震災の住宅業界に与える影響はやはり大きなものでした。
住宅業界は昨年末から断熱材の不足により住宅建設にブレーキがかかっていました。
断熱材の不足に関しては、住宅エコポイントの駆け込み需要で大幅に断熱材が必要になっていた事と
断熱材メーカーがリーマンショック後からの住宅着工数の落ち込みのために生産を減らしていた事が逆効果となり全国的に不足している状態でした。
インターネット上の建材のアウトレットショップでも売り切れが目立っていました。
完全な断熱材の不足解消ではありませんがようやく工務店や住宅会社に断熱材が回るようになってきたわけですが、
今回の震災の影響で断熱材を生産する工場が被災したり、関東地方では計画停電により工場で生産ラインを稼働できない、
また生産するための原材料の手配ができないなどの状況になっています。
断熱材は東北地方の仮設住宅建設で需要が急増しているため、生産が急がれる所です。
また不足しているのは断熱材だけではなく、構造用の針葉樹合板や外壁材、キッチンや住宅設備機器、サッシに入れるためのガラスなど様々な建材が不足している状態です。
仮設住宅建設を急ぐために国内の生産だけでは間に合わないために、緊急の輸入などの手段もとられるようですが、
一般の工務店や住宅会社に安定的に供給されるまで時間がかかるだろうと言われています。
また今後は震災を機に建材などの価格高騰が懸念されていて、震災後に新築を建てる方にとっては非常に痛手となります。
大分で土地を探していた友人も様子を見ようかなと話していました。
現在、工務店や住宅会社と家づくりの話をしていう方の場合は使用する建材やその価格の変化などしっかりと営業マンに確認して家づくりの話を進めていきましょう。