Archive for 8月, 2011

PostHeaderIcon 住宅ローンの知識

山形で住宅を建てようと考えている友人が住宅ローンをどこで借りるか迷っているようなので、
今回は住宅ローンにまつわる話を書きたいと思います。
独立行政法人住宅金融支援機構という公的機関があります。
住宅金融公庫を母体として平成19年の4月1日に発足しました。
住宅金融支援機構の業務は証券化を支援することです。
民間の金融機関がお客さんに貸した住宅ローンの債権を買い取って、それを証券化するのです。
証券化して投資家に販売します。
住宅金融支援機構の目的は住宅ローンをお客さんが借りやすくする事などです。
民間の金融機関が貸し出した住宅ローンを住宅金融支援機構は債権として買取をしてくれるので民間の金融機関としても損をしないため、住宅ローンを貸しやすいのです。
もちろん審査はあるのですが。
住宅ローンをお客さんが借りやすくする為に一般の金融機関では貸し出しをしにくいような災害や高齢者の支援なども行っています。
住宅金融支援機構の住宅ローンでフラット35があります。
住宅ローンの中では結構有名なので聞いたことがあるのではないでしょうか。
フラット35が証券化を支援している住宅ローンです。
先ほど書いたようにフラット35で住宅ローンをお客さんに貸して、その債権を住宅金融支援機構が買い取って後々代金を渡します。
フラット35にはお客さんが借りたくなるようにメリットを用意しています。
保証料が無料であったり、物件検査を受けることができたりするのです。
長期固定金利の住宅ローンなので安定して返済をすることもできます。
住宅金融支援機構は国土交通省と財務省の所管の独立行政法人です。
お客さんも安心感を感じるので、工務店の集客に使われたりもします。