Archive for 8月, 2015

PostHeaderIcon 多目的に使用できるスペース

住宅の中に一室多目的に使用できるスペースがあると暮らしを豊かにしてくれます。先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その友人宅には二階に畳3帖分の多目的に使用できるスペースが設けられていました。納戸として使用するか、家族共通の趣味を楽しむ場とするか、ユーティリティスペースにするか今はまだ検討しているということでした。このように一室余裕のある部屋があることで色々な用途で空間を利用できます。物が多く収納スペースが多く欲しいという家庭であれば、納戸として活用すればいいですし、家族共通の趣味があれば趣味を楽しむ場として活用させればいいのです。

私は主婦目線で考えるとユーティリティスペースとして活用させたいと思いました。洗濯は毎日行う家事の一つです。毎日行う家事はできるだけ円滑に不満なく行える環境を整えておきたいものです。雨や外出する時は屋外に洗濯物を干せません。また花粉が飛散している時や大気汚染が多く飛来する時は屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じるものです。このような時に洗濯物がきちんと干せる環境を整えておくことで、家事への負担を軽減できるのです。

洗濯物を干せ、ここで洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、裁縫をしたりと家事を円滑に行えるユーティリティスペース兼家事ルームにすることで家事へのストレスを感じない家になりそうです。3帖の広さあればいろいろなことができます。住まいに一室余裕のあるこのような空間を設けることで満足度の高い家になりそうですね。

PostHeaderIcon ニッチ

我が家の新築住宅にはニッチを多く取り入れました。ニッチとは壁の厚みを活用して飾り棚としたり、収納スペースとすることを言います。壁の厚みを利用するので空間に全く圧迫感を与えることがないのが最大の魅力です。広さに限りのある空間では、壁厚を利用して収納スペースを確保することで、物が片付けられ広さに余裕がなくても快適性の高い空間を得ることができるのです。

友人宅には玄関に縦長のニッチが設けられていました。そのニッチは飾り棚としてのニッチと、収納機能のあるニッチと両面を組み合わせたニッチでした。ニッチの上部と下部には玄関の空間のアクセントとなるように飾り棚としてのニッチです。お気に入りの雑貨を飾ることで空間の雰囲気も華やかになります。
中央部分はお客様用のスリッパラックとなる収納機能を兼ね備えています。お客様用のスリッパが見えると生活感を感じてしまうので、収納スペース部分には扉が設けられており、生活感を感じるスリッパをしっかりと隠して収納できるようになっていました。またこの扉は全身を映してくれる鏡となっているので、お出かけ前に全身をチェックでき重宝するのです。またお客様用のスリッパは玄関ホールの床に置いておくと、通行の妨げとなる場合もありますし、使用頻度が低いことからホコリをかぶってしまうことも多いです。ニッチ収納を活用することでこのような状況を避けられます。

飾り棚としてのニッチと収納機能のあるニッチと両面を組み合わせることで玄関ホールをより充実した空間にしていました。壁厚を利用して空間を上手にコーディネートしたいものです。