Archive for 10月, 2015

PostHeaderIcon 我が家の階段下活用法

二階建て住宅を建てると生まれる階段下のデッドスペース。このデッドスペースをどのように利用させるかで暮らしが大きく変わると言っても過言ではないのかもしれません。我が家の階段は廻り階段です。この廻り階段の下にはトイレを設置しました。階段下ということで便器を設置している部分の天井は通常の天井に比べると低いですし、形も特殊です。しかし用を足すには全く支障はありません。最初は少し圧迫感を感じ人がいるかもしれませんが、生活してみると空間を上手に利用できたなと満足感が高まっています。

また階段の上り初めから途中のホール部分までの階段下は、トイレの収納スペースとして利用しています。広さのあるトイレ収納を確保できたことで、特売日にトイレットペーパーを買い込んでもそのままこのトイレ収納にしまっておくことができますし、サニタリー用品やトイレに使用するタオルなどトイレで必要な物をしっかりと収納しておくことができるのです。通常トイレットペーパーを違う収納場所から運んでストックしたり、タオルは洗面室から運んできたりと、トイレで必要な物は別の場所から持ってくることが多いです。そのため住宅内を行ったり来たりしなくてはいけませんが、トイレ内に必要な物をきちんと収納できる我が家のトイレは、住宅内の無駄な動きをすることはありません。

階段下の活用法で多いのが収納です。しかし特殊な形状の下を利用することで物の出し入れがしにくかったり、工夫が必要だったりするのですが、あえて我が家はトイレを設けることでこれらの不満を感じることなく満足度の高い家にすることができました。