Archive for 5月, 2016

PostHeaderIcon 中二階スペース

先日、新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅にはとても印象的な空間が設けられていました。それは階段途中にある中二階スペースです。階段は今まで一階と二階を繋いでくれる通路でしかないと思っていました。しかしその階段の途中に多目的に使用できるスペースがあることで、より住宅への満足度を高めることもできます。

ポイントは一階のLDKから中二階スペースへ目が届くこと、そして中二階スペースからも一階を見渡せるようにしておくことです。このようにしておくことで子どもから大人まで利用できる便利な空間となるのです。ここには空間のサイズに合わせてカウンターが設けられていました。このカウンターがあることで、子どもがお絵かきをしたり、おもちゃを並べて遊ぶことができます。スタディコーナーとして勉強をするスペースとしても最適です。これらの様子をキッチンで家事をしながら把握できるので、家事と育児の両立もしやすくなるのです。

子ども達にとっても一階を覗けば親の顔が見れることで安心して遊びや勉強に集中できるのです。一階と中二階でそれぞれが別々の空間で過ごしていても、空間的な繋がりがあることで家族の存在を身近に感じることができます。個人の時間も大切にできるとても魅力的なスペースなのです。逆にここを大人が使用してもいいのです。洗濯物をたたんだり、パソコンをしたり、家事や趣味の空間として利用させるのもいいでしょう。ここに収納スペースがあると、子どものおもちゃやパソコン関連用品などを収納でき、多目的に使用しやすくなります。二階にいる家族との一体感も感じられる中二階スペースは魅力がたくさんです。