Archive for 9月, 2016

PostHeaderIcon 建売住宅VS注文住宅

私の周りには住宅を購入する人が増えてきました。建売住宅を購入する人もいれば注文住宅で一から家造りにこだわる人もいます。建売住宅にも注文住宅にもどちらにもメリット・デメリットがあるため、自分達のライフスタイルや予算に合わせて最適な方を選択しましょう。

まず建売住宅のメリットは、価格の安さです。同じ住宅を注文住宅で建てた場合より割安になるのです。それは、建売住宅は規格化された住宅が多いため建築コストを安く抑えることができますし、土地代も安く設定されています。注文住宅の場合、土地の仲介手数料など余計な費用が掛かるので2~3割のコストアップとなるのです。

そして、建売住宅の場合、建物が完成していることが多く、実際の建物を見学することができます。間取りや設備、デザインなどそのままを確認できるので住宅をイメージしやすいのです。それだけでなく日当たり状況や外からの騒音なども実際に体験できるので大きなメリットと言えるでしょう。デメリットは、自由度がないことです。そして建築過程を見ることができませんし、材料や工事方法などチェックが難しいので不安に感じる人も多いのです。

注文住宅のメリットは、自由度の高さです。法律の規制内などの条件をクリアすれば、間取りや工法、設備、内装、外装などを自由に選ぶことができます。自分達の希望通りの住宅を完成させることができるのです。自分隊の判断で、コストを抑えることもグレードを上げることも選べます。デメリットは、図面やサンプルで設計を決めていくので、仕上がりをイメージしにくいのです。完成して自分が思っていたのと違うということも起こりうるのです。また、土地の購入と注文住宅の建築の2工程になるため、その都度、異なる相手と契約を結んだり、費用を支払ったりと工程や複雑で時間もかかってしまうのです。まずは建売住宅か注文住宅か自分達に合った住まいを選択しましょう。