Archive for 1月, 2019

PostHeaderIcon 最適なキッチンスタイル

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが最近非常に人気となっています。
以前は壁付けキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。
しかし、オープンなキッチンにすることで、誰でもキッチンに近寄りやすく、お手伝いもしやすくなっているのです。
キッチンで家事をしながらもリビングで遊ぶ子ども達の様子が把握できたり、大好きなテレビ番組を見ながら家事を行えたりと、楽しみながら家事を行える環境へとなっているのです。
また、キッチンから目線が行き届くことで家事を育児の両立もしやすくなっています。
オープンキッチンと言っても形はさまざまです。I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。
家族と向き合う形になることで顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくもなるのです。
LDKが一体化したオープンなキッチンはこのように魅力もたくさんあるのですが、デメリットもあります。
それは、調理中や調理後のお鍋や食材、食器など乱雑に置かれている様子がリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。
こまめなお手入れが求められるため片付けが苦手という人には向いていないかもしれません。
キッチンの前に腰壁を設けて、気になる手元部分を隠せるようにすることで見た目の印象を損なうこともなくなり、急な来客者にもスムーズに対応しやすくなるのです。
家事を行う女性にとってキッチンは非常に重要な空間であるだけに、家事やしやすく、居心地のいいキッチンとなるように最適なキッチンスタイルを取り入れたいものです。