PostHeaderIcon 室内物干し

住宅の必須アイテムの一つでもある室内物干し。これをどこに設けるか意外と頭を悩ませます。洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけに、雨や雪などの悪天候時でも干し場に困らないように室内物干しを設けておく必要がありますし、共働きで夜洗濯を行う機会が多いという家庭ではむしろ室内物干しの方が活躍するほどです。時期によって花粉が多く飛散する時や大気汚染物質が多く飛来する時には屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じることも多いのです。

毎日の家事をスムーズに、そして円滑に行えるようにするには室内物干しは欠かせません。どこに設けるかは使用頻度や屋外用の洗濯物干し場との動線に配慮しておくといいのではないでしょうか。毎日のように室内物干しを利用するという家庭では、洗濯機を設置している洗面室を広めに確保し、ここの天井に設けておくといいでしょう。洗った洗濯物を抱えて移動する手間がかからず、重たい洗濯物を抱えずに済むので体に負担もかかりません。毎日のように使用するという家庭ではこのようにしておくことで、洗う→干すという作業が効率よく行えるのです。

外で仕事を抱えているママは、帰宅後に家事や集中してしまいます。洗濯物を取りこみ、夕飯の支度をしたり、入浴の準備をしたりとバタバタしてしまうので、屋外用の洗濯物干し場の近くに室内物干しを設けておきます。そうすれば取りこんだ洗濯物をここに一時置きできるため洗濯物がシワになることもないのです。急な雨でも洗濯物をスムーズに移動させることができるので便利だと思います。使用頻度や屋外用の洗濯物干し場との動線に配慮してしっかりと設けておきましょう。

Comments are closed.