PostHeaderIcon 和室

我が家に設けた和室は動線を重視しました。一体感のあるLDKに隣接する形で設けられた和室は、リビングとの境の建具を普段はオープンにしておき、リビングとの一体感を高めます。リビングの延長として多目的に利用できるのです。子どもが遊んだり、昼寝をしていてもキッチンから和室にまで目が行き届くため、家事と育児の両立がしやすいのです。

建具で仕切れば和室を個室としても利用できるのです。リビングからの動線に加えて、玄関から直接和室へ行ける動線も確保しました。玄関から直接和室へ行き来ができるようになったことで和室を客間として利用できるようになるのです。時に生活感あふれるリビングを見られたくないお客様が来ます。このような場合、リビングとの境の建具で仕切っておけば、玄関から直接和室へ行けます。リビングを見られることなく和室へお通しできるので、家族は通常通りリビングで過ごすこともできるのです。

この和室は、リビングの先に設けたウッドデッキへも行き来が行えます。ウッドデッキには洗濯物を干します。和室では洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりするので、サッと洗濯物を取り入れこれらの作業をスムーズに行えるのです。そして、和室には床の間などを設けず収納を高めてファミリークローゼットを設けました。洗濯物を取りこみ、たたむ、しまうという作業がこの和室で行え、家事が効率よく行えています。和室の動線を重視したことで利用のしやすさが高まっています。

Comments are closed.