PostHeaderIcon 家事ラク住まい

主婦にとって家事は365日休みがないだけに、家事が効率よく行え、負担や不満のない環境を整えておきたいものです。そんな私が家造りで注目したのが家事動線です。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。

この家事の中心となるキッチンの横に、キッチンとよく行き来をする洗面・浴室を繋げました。これならキッチンで朝食の支度をしながら、洗面室で洗濯の作業を行ったり、夕飯の支度をしながら入浴の事前準備を行ったりと同時に2種類の家事を進めやすくなります。家事が効率よく行えることで家事の時短を実現でき、自分の時間を確保できるのです。

この洗面室には勝手口を設けており、勝手口からそのまま外に出られ、ここには洗濯物干し場を設けています。洗った洗濯物を移動させる手間がかからないので、家事の効率が高められるだけでなく、重たい洗濯物を抱える必要もないので体に負担もかかりません。洗濯物を洗う→干すという作業がひとつの場所ですむのでとても助かっています。

そして、キッチンの真横にはダイニングを設けています。食事の支度を行う際には、キッチンとダイニングの動線が重要となります。キッチンとダイニングを真横に設置することで、配膳や食後の片付けの動線が短くなり、スムーズに行えるようになります。また、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられるため配膳やお皿下げなど積極的に手伝ってくれるようにもなりました。家事ラク住まいで、家事を楽しみながら行える住まいを目指しましょう。

Comments are closed.