Posts Tagged ‘間取り’

PostHeaderIcon 家事ラク住まい

主婦にとって家事は365日休みがないだけに、家事が効率よく行え、負担や不満のない環境を整えておきたいものです。そんな私が家造りで注目したのが家事動線です。主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。

この家事の中心となるキッチンの横に、キッチンとよく行き来をする洗面・浴室を繋げました。これならキッチンで朝食の支度をしながら、洗面室で洗濯の作業を行ったり、夕飯の支度をしながら入浴の事前準備を行ったりと同時に2種類の家事を進めやすくなります。家事が効率よく行えることで家事の時短を実現でき、自分の時間を確保できるのです。

この洗面室には勝手口を設けており、勝手口からそのまま外に出られ、ここには洗濯物干し場を設けています。洗った洗濯物を移動させる手間がかからないので、家事の効率が高められるだけでなく、重たい洗濯物を抱える必要もないので体に負担もかかりません。洗濯物を洗う→干すという作業がひとつの場所ですむのでとても助かっています。

そして、キッチンの真横にはダイニングを設けています。食事の支度を行う際には、キッチンとダイニングの動線が重要となります。キッチンとダイニングを真横に設置することで、配膳や食後の片付けの動線が短くなり、スムーズに行えるようになります。また、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられるため配膳やお皿下げなど積極的に手伝ってくれるようにもなりました。家事ラク住まいで、家事を楽しみながら行える住まいを目指しましょう。

PostHeaderIcon 室内物干し

住宅の必須アイテムの一つでもある室内物干し。これをどこに設けるか意外と頭を悩ませます。洗濯は毎日行う家事の一つでもあるだけに、雨や雪などの悪天候時でも干し場に困らないように室内物干しを設けておく必要がありますし、共働きで夜洗濯を行う機会が多いという家庭ではむしろ室内物干しの方が活躍するほどです。時期によって花粉が多く飛散する時や大気汚染物質が多く飛来する時には屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じることも多いのです。

毎日の家事をスムーズに、そして円滑に行えるようにするには室内物干しは欠かせません。どこに設けるかは使用頻度や屋外用の洗濯物干し場との動線に配慮しておくといいのではないでしょうか。毎日のように室内物干しを利用するという家庭では、洗濯機を設置している洗面室を広めに確保し、ここの天井に設けておくといいでしょう。洗った洗濯物を抱えて移動する手間がかからず、重たい洗濯物を抱えずに済むので体に負担もかかりません。毎日のように使用するという家庭ではこのようにしておくことで、洗う→干すという作業が効率よく行えるのです。

外で仕事を抱えているママは、帰宅後に家事や集中してしまいます。洗濯物を取りこみ、夕飯の支度をしたり、入浴の準備をしたりとバタバタしてしまうので、屋外用の洗濯物干し場の近くに室内物干しを設けておきます。そうすれば取りこんだ洗濯物をここに一時置きできるため洗濯物がシワになることもないのです。急な雨でも洗濯物をスムーズに移動させることができるので便利だと思います。使用頻度や屋外用の洗濯物干し場との動線に配慮してしっかりと設けておきましょう。

PostHeaderIcon 階段下のデッドスペース

二階建てや三階建て住宅に欠かせない階段ですが、この階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。デッドスペースを余すとこなく上手に活用させることが、家造りのポイントの一つでもあるのです。最近ではリビングにストレート階段を設ける家庭も多いです。階段がリビングのインテリアの一部として存在しているのです。

リビング内に階段を設けても狭さや圧迫感を感じさせないようにスケルトン階段にして、明るさをしっかりと通してくれ、視線が奥に繋がるようなものを取り入れておくと、リビングの印象も大きく変わってきます。このストレート階段の下に収納スペースを設ける場合、隠す収納ではなく、見せる収納が設けられることが多いです。リビングは家族が長時間過ごす場所でありながらも家に遊びに来たお客様をお通しする場所でもあるだけにオシャレな空間が求められます。見せながらもものをしっかりと収納できるようにするのがポイントの一つでもあるのです。

収納スペースとして利用するのではなく、居住スペースの一部としてオープンに空間を利用されることも多いです。階段下にカウンターを造り付けてパソコンスペースや子ども達のスタディーコーナーとして利用するのです。外壁面に沿っていれば窓を設けて明るさを確保するのもいいですし、棚やキャビネットを設けて書類や教材、パソコン関連用品などをきちんと収納できるようにしておくとカウンター上をスッキリと片づけられるのです。

私の友人の一人は、ペットスペースとして利用していました。ペットの居場所をリビングの一角に設けることで、ペットも家族と同じ場所に自分の居場所があることで寂しい思いをすることもありません。階段下を上手に活用したいものです。

PostHeaderIcon 可動間仕切り収納

我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を取り入れました。住宅の中で子ども部屋が一番変化が求められます。それは子どもの成長過程に合わせて空間に求められるあり方が変わってくるからです。それにしっかりと対応できる子ども部屋にするには可動間仕切り収納がピッタリなのです。暮らしの変化に合わせてしっかりと対応できる空間造りは大事なことだと思います。

我が家の子ども部屋は広々ワンルームにしました。将来的にこのワンルームを二つの空間に分けることを想定して、出入りするドアや窓、照明にコンセントなど予め二部屋分設けておきます。このように環境を整えておくと個室にする際も大掛かりなリフォームを必要としません。幼少期は、個室で区切られた部屋があっても使用する機会がないだけに広々とした空間があることで、兄弟でおもちゃを広げてゆったりと遊ぶことができますし、走り回ってのびのびと遊ぶことができます。お友達が遊びに来た際も広々とした空間があると重宝します。

小学生頃になると部屋の真ん中を半分だけ仕切り、勉強エリアと就寝エリアに分けて、遊びも勉強も兄弟一緒に過ごすのもいいですし、個室になる練習としてそれぞれの空間という意識を高めるのもいいと思います。中学・高校生頃で初めて完全個室になるように空間を区切るのです。一人の時間を満喫できますし、自分と向き合える時間を持てるようになるのです。

子ども達はいずれは巣立っていきます。巣立って行った後もこの可動間仕切り収納であれば子ども部屋を有効活用しやすいのです。再びワンルームに戻しセカンドリビングとして利用させたり、子どもが帰省した時の空間として利用できますし、趣味部屋と収納部屋という風に新たな活用法を取り入れることもできます。今にピッタリの暮らしとなるようにしたいものです。

PostHeaderIcon 小上がりの和室

家造りを行う際、意外と頭を悩ませるのが和室をどこに設けるかということです。以前は、玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったのですが、最近ではリビングを広めに設けてその一角を畳スペースとしたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが非常に多いです。一体化したLDKに和室まで隣接することで、よりリビングに広さや開放感が与えられるのです。

通常、リビングに隣接した和室は建具で仕切らずオープンにしておきます。リビングの延長として和室を利用するので、子どもの遊び場や昼寝スペースとして重宝します。キッチンで家事をしながら和室にまで目が行き届くことで、家事と育児の両立のしやすさを実感できるのです。リビングに隣接した和室を設ける場合に、一つ注目してほしいのが、洋風リビングと畳の和の空間が違和感なくそれぞれ存在しているかということです。そこで我が家はそれぞれの空間にメリハリをつけるために、和室を小上がりにして高さを設けました。

高低差を付けることで、LDKとの一体感は損なうことなく和の空間が独立した印象も与えられるのです。洋と和のメリハリがつくことで違和感なくそれぞれの空間が存在するのです。小上がりにしたことで魅力を感じる部分も多いのです。畳の下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして利用できます。リビングに隣接しているため、リビングで必要なものも和室で必要なものもどちらも収納しておくことができます。そしてこの高さが腰を下ろすのにピッタリなのです。休憩するにも最適ですし、身体を伸ばして休んでもサッと立ち上がれるので体に負担をかけません。小上がりの和室は魅力にあふれています。

PostHeaderIcon 可動間仕切り収納

暮らしが変われば間取りも変えることができればいいのに…と感じたことはありませんか?その時々の暮らしにぴったりの空間が広がることで、暮らしやすく、居心地の良さも高まります。住宅の中で特に変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程によって空間に求められることは変わってきます。その時々でピッタリの空間を提供することができれば子どもにとって嬉しいのです。

そこで我が家の子ども部屋は広々ワンルームにしました。本当なら二人子どもがいるので個室を二つ設けるのですが、我が家の子ども達はまだ小さく個室を必要としません。それよりも広々ワンルームの子ども部屋があれば、のびのびと遊ぶことができますし、お友達が遊びに来た時も重宝します。小学生頃になれば学習机を並べて共に勉強したり、共に寝る子ども部屋として活躍してくれます。

中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。将来的にワンルームを二つの部屋に分けることを想定して、出入りするドア、窓、照明、コンセントなどあらかじめ二部屋分設けておくことを忘れてはいけません。これらの環境を整えておけば大掛かりなリフォームをすることなく空間を簡単に区切れるのです。個室に区切る際には可動間仕切り収納を取り入れるのです。これは簡単に移動させることができ、空間のサイズに合わせてピッタリとなるように1ミリ単位でオーダーメイドできます。収納機能もあるので物がきちんと片づけられるのです。

成長過程に合わせてワンルームからセミクローズそして完全個室といったように空間を自由にアレンジできるのです。子どもが巣立ってしまえば、間仕切り収納を移動させればワンルームに戻すこともでき、その時々でピッタリの空間作りができるのです。

PostHeaderIcon 中二階スペース

先日、新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅にはとても印象的な空間が設けられていました。それは階段途中にある中二階スペースです。階段は今まで一階と二階を繋いでくれる通路でしかないと思っていました。しかしその階段の途中に多目的に使用できるスペースがあることで、より住宅への満足度を高めることもできます。

ポイントは一階のLDKから中二階スペースへ目が届くこと、そして中二階スペースからも一階を見渡せるようにしておくことです。このようにしておくことで子どもから大人まで利用できる便利な空間となるのです。ここには空間のサイズに合わせてカウンターが設けられていました。このカウンターがあることで、子どもがお絵かきをしたり、おもちゃを並べて遊ぶことができます。スタディコーナーとして勉強をするスペースとしても最適です。これらの様子をキッチンで家事をしながら把握できるので、家事と育児の両立もしやすくなるのです。

子ども達にとっても一階を覗けば親の顔が見れることで安心して遊びや勉強に集中できるのです。一階と中二階でそれぞれが別々の空間で過ごしていても、空間的な繋がりがあることで家族の存在を身近に感じることができます。個人の時間も大切にできるとても魅力的なスペースなのです。逆にここを大人が使用してもいいのです。洗濯物をたたんだり、パソコンをしたり、家事や趣味の空間として利用させるのもいいでしょう。ここに収納スペースがあると、子どものおもちゃやパソコン関連用品などを収納でき、多目的に使用しやすくなります。二階にいる家族との一体感も感じられる中二階スペースは魅力がたくさんです。

PostHeaderIcon 家族が繋がる家

我が家はいつまでの家族の繋がりを大事にできる家がいいなと思っていました。それを実現するために取り入れたものがリビング階段です。リビング階段は家族のコミュニケーションを大事にすることができるのです。リビング階段は家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けません。このようにすることで、家族がリビングで顔を合わせる機会が増えます。顔を合わせることで自然とコミュニケーションが生まれやすい家になるのです。

子どもが思春期頃を迎えると、親と会話をすることも顔を合わせることも嫌がる時期がきます。このような時期、玄関近くに階段があり直接二階の部屋へ行けるようにしておけば、いつ子どもが帰宅していつ外出したのか分からないという日も出てくるかもしれません。リビング階段であればこのような状況を防ぎにくく、親は子どもの変化に気づいてあげられやすくなるのです。リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げているというデータもあります。

そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。最初はリビングに広さや開放感を得たいために設けたのですが、吹き抜けは一階と二階の空間を繋いでくれる役目を果たしてくれるのです。吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で家族がバラバラに過ごしていても会話がしやすく、気配も感じやすいため安心感も高まります。そして最後にリビングに面してウッドデッキを設けました。この空間があることで室内だけでなく、屋外でも楽しめる空間を得ることができます。家族団らんの場が増えることで家族と過ごす時間をより大切にできるのです。家族がいつまでも互いの存在を大切にできる家にしてみてはいかがですか。

PostHeaderIcon 我が家の階段下活用法

二階建て住宅を建てると生まれる階段下のデッドスペース。このデッドスペースをどのように利用させるかで暮らしが大きく変わると言っても過言ではないのかもしれません。我が家の階段は廻り階段です。この廻り階段の下にはトイレを設置しました。階段下ということで便器を設置している部分の天井は通常の天井に比べると低いですし、形も特殊です。しかし用を足すには全く支障はありません。最初は少し圧迫感を感じ人がいるかもしれませんが、生活してみると空間を上手に利用できたなと満足感が高まっています。

また階段の上り初めから途中のホール部分までの階段下は、トイレの収納スペースとして利用しています。広さのあるトイレ収納を確保できたことで、特売日にトイレットペーパーを買い込んでもそのままこのトイレ収納にしまっておくことができますし、サニタリー用品やトイレに使用するタオルなどトイレで必要な物をしっかりと収納しておくことができるのです。通常トイレットペーパーを違う収納場所から運んでストックしたり、タオルは洗面室から運んできたりと、トイレで必要な物は別の場所から持ってくることが多いです。そのため住宅内を行ったり来たりしなくてはいけませんが、トイレ内に必要な物をきちんと収納できる我が家のトイレは、住宅内の無駄な動きをすることはありません。

階段下の活用法で多いのが収納です。しかし特殊な形状の下を利用することで物の出し入れがしにくかったり、工夫が必要だったりするのですが、あえて我が家はトイレを設けることでこれらの不満を感じることなく満足度の高い家にすることができました。

PostHeaderIcon 多目的に使用できるスペース

住宅の中に一室多目的に使用できるスペースがあると暮らしを豊かにしてくれます。先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その友人宅には二階に畳3帖分の多目的に使用できるスペースが設けられていました。納戸として使用するか、家族共通の趣味を楽しむ場とするか、ユーティリティスペースにするか今はまだ検討しているということでした。このように一室余裕のある部屋があることで色々な用途で空間を利用できます。物が多く収納スペースが多く欲しいという家庭であれば、納戸として活用すればいいですし、家族共通の趣味があれば趣味を楽しむ場として活用させればいいのです。

私は主婦目線で考えるとユーティリティスペースとして活用させたいと思いました。洗濯は毎日行う家事の一つです。毎日行う家事はできるだけ円滑に不満なく行える環境を整えておきたいものです。雨や外出する時は屋外に洗濯物を干せません。また花粉が飛散している時や大気汚染が多く飛来する時は屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じるものです。このような時に洗濯物がきちんと干せる環境を整えておくことで、家事への負担を軽減できるのです。

洗濯物を干せ、ここで洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、裁縫をしたりと家事を円滑に行えるユーティリティスペース兼家事ルームにすることで家事へのストレスを感じない家になりそうです。3帖の広さあればいろいろなことができます。住まいに一室余裕のあるこのような空間を設けることで満足度の高い家になりそうですね。